• Home
  • TAKOM(タコム) M247 サージェント・ヨーク 対空戦車 1/35スケール 塗装済みプラモデル
商品詳細
TAKOM(タコム) M247 サージェント・ヨーク 対空戦車 1/35スケール 塗装済みプラモデル
TAKOM(タコム) M247 サージェント・ヨーク 対空戦車 1/35スケール 塗装済みプラモデル

TAKOM(タコム) M247 サージェント・ヨーク 対空戦車 1/35スケール 塗装済みプラモデル

発売日 2022/11/30
販売状況 通常販売
参考価格(税込) ¥11,110
販売価格(税込)
商品情報
購入制限 お一人様 5 個まで
JANコード 4897051422419
スケール 1/35スケール
商品説明

M247 サージェント・ヨークはアメリカでM163対空自走砲に代わる自走高射機関砲として1970年代後半から開発が開始された自走式対空砲です。1973年の第4次中東戦争におけるソ連のZSU-23-4シルカの活躍を目の当たりにしたアメリカ陸軍は、1977年より「DIVAD」(Division Air Defense:師団防空兵器)の呼称で新型対空戦車に関する研究を開始しました。アメリカ陸軍の要求に対しフォード・エアロスペースを始めとする数社は車体にM48A3戦車を用いたDIVADの基本案を提出し、最終的にアメリカ陸軍はジェネラル・ダイナミクスとフォード・エアロスペースと試作車両の製作契約を締結しました。両社の試作車の試験終了後にアメリカ陸軍はフォード・エアロスペースの試作車両をM247の制式呼称で採用し、併せて「サージェント・ヨーク」の愛称を与えました。その後もM247は継続して試験が行われましたが、1990年代に入りアメリカ陸軍内で対空戦車の必要性自体が疑問視されると、M247は50両近くが完成していたにもかかわらず配備されるまでには至りませんでした。

関連商品

閲覧履歴

トップへ戻る