• Home
  • 相鉄8000系 新塗装 SAパンタ 増結4両 塗装済みスケール模型完成品
商品詳細
相鉄8000系 新塗装 SAパンタ 増結4両 塗装済みスケール模型完成品
相鉄8000系 新塗装 SAパンタ 増結4両 塗装済みスケール模型完成品
相鉄8000系 新塗装 SAパンタ 増結4両 塗装済みスケール模型完成品

相鉄8000系 新塗装 SAパンタ 増結4両 塗装済みスケール模型完成品

販売状況 販売終了
参考価格(税込) ¥16,720
販売価格(税込)
商品情報
購入制限 お一人様 2 個まで
JANコード 4968279801185
商品説明

【商品紹介】

A8379 相鉄8000系 新塗装 シングルアームパンタ 増結4両セット

 

モハ8110

モハ8210

モハ8112

モハ8212

 

  • ライトグレー地にブルーとオレンジの帯が入った新塗装
  • シングルアームパンタに換装された後の姿を製品化
  • マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実
  • モハとクハ、サハとで異なる台車車軸距離の違いを再現

付属品:行先シール

 

【車両紹介】

相模鉄道では1990(平成2)年に老朽車両置換えのために8000系を登場させました。軽量化を図るための車体はアルミ合金製で、くの字に腰部が折れた前面形状を採用し、稜線を曲線として変化をもたせたほか、前灯が中央部に、尾灯が上部左右に配置された独特のデザインです。車内はロングシートを基本に、5号車、8号車にはセミクロスシートが設置されて遠距離通勤者へのサービス向上が行われています。また、従来の車両同様の油圧式自動窓が設置されています。1998(平成10)年以降に製造されたグループは当初からシングルアーム式のパンタグラフを搭載していましたが、以前に製造された車両の一部もパンタグラフの交換が進行しています。当初はアルミボディに赤帯を纏った姿で登場しましたが、2007(平成19)年より順次相模鉄道の新コーポレートカラーであるブルーとオレンジ を基調としたデザインに一新されました。20203月より内外装をリニューアルしヨコハマネイビーブルーに塗装された編成が登場し、今後その数が増えていく予定です。

閲覧履歴

トップへ戻る