DRAGON(ドラゴン) WW.II 日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (北満型) 1/35スケール 未塗装組立キット

商品説明仕様注意事項

  • <実車について>
    日本帝国陸軍初の国産戦車である八九式中戦車は、その低い機動力が欠点となっていました。そのため陸軍による機動力のある新型戦車の要求に応じて開発が進められ、九五式軽戦車は1935年(皇紀2595年)に制式化され戦線に投入されました。
    全備重量7tあまりとコンパクトな車体に九四式37mm戦車砲を搭載し最高速40km/hを誇る九五式軽戦車は、火力と防御力は当時の各国の戦車に比べると劣るものの優れた機動力を活かし、大戦初期から終戦まで2000輌以上が製造され各戦線で活躍したのです。
    北満型と呼ばれるこのタイプは、中国のコーリャン畑を走行する際に畑の畝に転輪がはまり込んでしまうのを防ぐために、本来の転輪の間に補助転輪を装備していました。

    <キットについて>
    現存する実車取材と緻密なリサーチに基づく日本人スタッフによる設計と、サイバーホビーによる超絶精工な金型技術の織りなす芸術的な逸品として、多くのAFVモデルファンから支持された95式軽戦車。待望のバリエーションとして、中国本土での激闘が印象深い北満型が加わります。
    ディテール再現度と組み立て易さの両立を実現させた「スマートキット」として、今までのプラスチックモデルの常識を遙かに超えるレベルでのスライド金型を駆使したパーツの数々。何と5方向スライド金型を使って再現されたという砲塔部品は、複雑な形状再現とリベットをはじめとする細部ディテール再現を見事に一体部品で実現。
    さらに車体パーツは言うに及ばず、砲口や銃口・転輪・履帯・排気管に至るまでスライド金型を使いパーツの適度な一体化を目指しています。
    またルーバーや消音器カバーなどにはエッチングパーツを使用し精密感を効果的に向上、各ハッチ類は開閉を選択して製作できるためジオラマ製作での演出の幅が広がります。
    さらに、特徴的な補助転輪など北満型専用部品を新金型で追加し初期型との違いも的確に再現しています。
    大西画伯入魂のボックスアートは、中国本土を進撃する95式軽戦車の魅力と迫力を充分に伝えています。
    初期型とともに、日本人ならば必ず手元においておきたいキットとして強くお勧めします。

    ≪主な特徴≫
    ■車体形状や細部ディテールまで完璧に再現された九五式軽戦車 北満型
    ■北満型の特徴である補助転輪もしっかりとパーツ化
    ■九五式軽戦車のために 3 方向スライド金型を使用し再現された新設計の機関銃
    ■驚異の 5 方向スライド金型を使い、一体で成形された九四式 37 mm 戦車砲塔
    ■展視孔はオプションパーツとしてクリアパーツも用意
    ■スライド金型を使い九七式 7.7 mm 車載重機関銃孔も実車通りに再現
    ■多方向スライド金型技術によりその複雑な形状を完全再現
    ■ 4 方向スライド金型を使用し、複雑な形状と表面のリベットモールドの再現を一体成形で実現した車体上面
    ■ 3 方向スライド金型を使用し形状とディテールを一体で再現した車体下部
    ■キューポラは4方向スライド金型を使用し一体で成形
    ■ハッチは開閉を選択して製作可能、さらにメッシュディテール再現にはエッチングパーツを使用し、ハッチのシャープ感を演出
    ■前後のフェンダーもスライド金型を使用した一体成形部品
    ■細かなリベットもリアルに再現された前面装甲
    ■排気管は開口部もしっかりと再現、カバーはエッチングパーツ製
    ■車載工具類をシャープにパーツ化
    ■九七式 7.7 mm 車載重機関銃にもスライド金型を使い銃口までも再現
    ■ 3 方向スライド金型を使用しパーツ化されたボールマウント
    ■スライド金型を使いながらも無理な一体化はせずディテール再現も重視
    ■砲塔側面の四連装発煙筒をパーツ化
    ■九四式 37 m m戦車砲身は一体成形パーツ
    ■繊細なディテールが施された収納箱
    ■リアルに再現された足まわり関連部品
    ■複数のパーツを組み合わせ、ため息の出るような素晴らしいディテールを再現した起動輪
    ■履帯は、組み立て易さとディテール再現度を兼ね備えたDS素材によるベルト式

  • 仕様

    スケール1/35スケール
    JAN0089195867773
  • 売り切れ

DRAGON(ドラゴン) WW.II 日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (北満型) 1/35スケール 未塗装組立キット

¥1,065

78% OFF

参考価格: 通常価格 ¥4,840 SALE価格

送料・配送について
/
(税込) ご利用ガイド はこちら
購入
制限
お一人様5個まで

商品説明仕様注意事項

  • <実車について>
    日本帝国陸軍初の国産戦車である八九式中戦車は、その低い機動力が欠点となっていました。そのため陸軍による機動力のある新型戦車の要求に応じて開発が進められ、九五式軽戦車は1935年(皇紀2595年)に制式化され戦線に投入されました。
    全備重量7tあまりとコンパクトな車体に九四式37mm戦車砲を搭載し最高速40km/hを誇る九五式軽戦車は、火力と防御力は当時の各国の戦車に比べると劣るものの優れた機動力を活かし、大戦初期から終戦まで2000輌以上が製造され各戦線で活躍したのです。
    北満型と呼ばれるこのタイプは、中国のコーリャン畑を走行する際に畑の畝に転輪がはまり込んでしまうのを防ぐために、本来の転輪の間に補助転輪を装備していました。

    <キットについて>
    現存する実車取材と緻密なリサーチに基づく日本人スタッフによる設計と、サイバーホビーによる超絶精工な金型技術の織りなす芸術的な逸品として、多くのAFVモデルファンから支持された95式軽戦車。待望のバリエーションとして、中国本土での激闘が印象深い北満型が加わります。
    ディテール再現度と組み立て易さの両立を実現させた「スマートキット」として、今までのプラスチックモデルの常識を遙かに超えるレベルでのスライド金型を駆使したパーツの数々。何と5方向スライド金型を使って再現されたという砲塔部品は、複雑な形状再現とリベットをはじめとする細部ディテール再現を見事に一体部品で実現。
    さらに車体パーツは言うに及ばず、砲口や銃口・転輪・履帯・排気管に至るまでスライド金型を使いパーツの適度な一体化を目指しています。
    またルーバーや消音器カバーなどにはエッチングパーツを使用し精密感を効果的に向上、各ハッチ類は開閉を選択して製作できるためジオラマ製作での演出の幅が広がります。
    さらに、特徴的な補助転輪など北満型専用部品を新金型で追加し初期型との違いも的確に再現しています。
    大西画伯入魂のボックスアートは、中国本土を進撃する95式軽戦車の魅力と迫力を充分に伝えています。
    初期型とともに、日本人ならば必ず手元においておきたいキットとして強くお勧めします。

    ≪主な特徴≫
    ■車体形状や細部ディテールまで完璧に再現された九五式軽戦車 北満型
    ■北満型の特徴である補助転輪もしっかりとパーツ化
    ■九五式軽戦車のために 3 方向スライド金型を使用し再現された新設計の機関銃
    ■驚異の 5 方向スライド金型を使い、一体で成形された九四式 37 mm 戦車砲塔
    ■展視孔はオプションパーツとしてクリアパーツも用意
    ■スライド金型を使い九七式 7.7 mm 車載重機関銃孔も実車通りに再現
    ■多方向スライド金型技術によりその複雑な形状を完全再現
    ■ 4 方向スライド金型を使用し、複雑な形状と表面のリベットモールドの再現を一体成形で実現した車体上面
    ■ 3 方向スライド金型を使用し形状とディテールを一体で再現した車体下部
    ■キューポラは4方向スライド金型を使用し一体で成形
    ■ハッチは開閉を選択して製作可能、さらにメッシュディテール再現にはエッチングパーツを使用し、ハッチのシャープ感を演出
    ■前後のフェンダーもスライド金型を使用した一体成形部品
    ■細かなリベットもリアルに再現された前面装甲
    ■排気管は開口部もしっかりと再現、カバーはエッチングパーツ製
    ■車載工具類をシャープにパーツ化
    ■九七式 7.7 mm 車載重機関銃にもスライド金型を使い銃口までも再現
    ■ 3 方向スライド金型を使用しパーツ化されたボールマウント
    ■スライド金型を使いながらも無理な一体化はせずディテール再現も重視
    ■砲塔側面の四連装発煙筒をパーツ化
    ■九四式 37 m m戦車砲身は一体成形パーツ
    ■繊細なディテールが施された収納箱
    ■リアルに再現された足まわり関連部品
    ■複数のパーツを組み合わせ、ため息の出るような素晴らしいディテールを再現した起動輪
    ■履帯は、組み立て易さとディテール再現度を兼ね備えたDS素材によるベルト式

  • 仕様

    スケール1/35スケール
    JAN0089195867773

関連商品

最近見た商品